この記事に書かれていること

●5万人中のTOP1%だけに共通している「即、決断して行動する力」を高めるための脳の使い方

●営業効率20倍UPも可能!ほとんどの会社がやっていない超効率的な「セミナー型営業」とは?

●集客知識が0でも、100人のセミナー集客を達成できる「達成する癖」を身につけるたった1つの方法

●「元29歳ニート」から、20分で1000万円を売り上げるセミナー講師になれた理由

●1回のセミナーで平均500万円を売り上げるセミナー講師が教える「稼ぐために必要なスキルTOP3」

●TOP1%の稼げるセミナー講師になり、自分の人生を自由に選択できる力を身に付けたい方にオススメの記事

坂田公太郎さん、佐々妙美さんインタビュー( Youtube版)

稼げるセミナー講師養成人 坂田公太郎/愛の集客コンサルタント 佐々妙美

山倉陽平

インタビュアー 山倉陽平(以下、山倉):本日のゲストはclover出版より「地上最強のセミナー講師バイブル」を出版されました、坂田公太郎さんと佐々妙美さんです。

お2人は稼げるセミナー講師育成人として、『TOP1%セミナー講師養成講座』という大人気のセミナーを主宰されています。これまでに60万円以上のセミナーを1000本以上販売されており、1回のセミナーでの平均売上は500万円以上。

坂田さんはあるセミナーで、20分の登壇でバックエンド商品を1000万円以上売り上げた実績があります。またセミナー講師になる前には、歌舞伎町でNo.1ホスト・居酒屋経営・マンション販売でNo.1営業マンなど、異色の経歴をお持ちです。

坂田公太郎稼げるセミナー講師育成人 坂田公太郎さん(以下、坂田):株式会社セミナーエリートの坂田公太郎と申します。稼げるセミナー講師となり、世の中に価値を与える人を増やすため『TOP1%セミナー講師養成講座』を主宰しています。

現在、240名程の受講生がおり、毎月東京でセミナービジネスについて学ぶ講座をしています。海外にもメンバーがおり、タイのバンコクや、スペインのマドリードからお越しになる方もいらっしゃいます。

 

佐々妙美愛の集客コンサルタント 佐々妙美さん(以下、佐々):株式会社セミナーエリートの取締役 佐々妙美です。 私は集客の専門家『愛の集客コンサルタント』として活動しています。過去15,000人以上の集客と、60万円以上の講座を1000本以上販売しています。

集客方法をお伝えした講座生の皆さんは、どんどん集客できるようになっています。例えば全く集客したことがなかったメンバーが、300人セミナーを2回成功させたり。そして、集客の苦手意識をなくし、「集客って楽しいものなんだ!」ということを伝える活動をしております。

 

セミナー講師の能力は、「あらゆる職種に活用できる一生稼げるスキル」

セミナー

山倉陽平山倉: セミナー講師は、「自己啓発やビジネスのノウハウをたくさんの方に向けて語る人」という印象です。坂田さんにとってセミナー講師というのは、どのような職業なのでしょうか?

坂田公太郎坂田:TOP1%セミナー講師養成講座』を開催していますが、講座生で「セミナー講師だけ」をやっている方は、実は3割くらいです。残り7割は、経営者・医師・士業・コンサルタントなど、他にもあらゆる職種の方がいらっしゃいます。

なぜ様々な職種の方が集まるかというと、「セミナービジネスは、あらゆる職業に活用できるから」です。

例えば、中小企業の社長さんの場合、ご自身で営業する場合も、社員さんに営業してもらう場合もあると思います。営業活動は基本的に1対1ですよね。電話をして、アポイントを取って、商談に行く。その作業は、とても大変じゃないですか。

ところが、セミナーに必要な「集客」「スピーチ」「セールス」の技術を組み合わせると、「セミナーを開催して、そこで販売する」という1対1以外の、新しい営業活動ができるようになるんですね。

セミナーに来た方=お客さん候補が20名だとしたら、その20名に自社や商品の魅力をお伝えすることができます。その結果「その商品が欲しい」と言ってくれる方が、5名でも10名でもいらっしゃれば、1対1で営業活動しているよりはるかに効率が良いわけです。


—-伝えているのは「それを知ったら一生食っていけるノウハウ&スキル&考え方」

 

坂田:だけどほとんどの会社さんが、その方法を知らない。だから、それを知っている私たちが教えているわけです。我々が受講生に教えていることは、ビジネスの原理原則です。セミナー講師に限らず「それを知った人は一生涯食っていける」ようなノウハウ・スキル・考え方をお伝えしています。

そうなるためには全員が

・自分だけのブランド
・集客力
・スピーチ力
・セールス力
・稼ぎ続けられるビジネスモデル

を持つ必要があります。その全てを網羅した「ビジネスでうまくいくための全体のパッケージ」をお伝えしています。そのため様々な職業の方に、受講していただけていると思います。

 

5万人に会って見つけた「稼げるセミナー講師」と「稼げないセミナー講師」の明らかな違い

TOP1%セミナー講師養成講座

山倉陽平山倉:稼げるセミナー講師と稼げないセミナー講師の違いを教えてください。

坂田公太郎坂田:これまでビジネスを通して5万人ほどの方にお会いしてきました。その中で「稼げる人」と「稼げない人」の明らかな違いが一つあります。それは「決断力」です。つまり「何をやるかを決めて動く力」。

うまくいく人は圧倒的に決断が早んですよ。例えばセミナーでは「バックエンド商品」という高額の講座を販売することが多いです。稼げる人は「いい講座だ」と思えば、その時にお金があろうとなかろうと、すぐに「その講座に参加します」と決断するんですね。

稼げない人は「行きたい。でもお金がない」「行きたい、でも日程が合わない 」というように、悩んだ挙句、行動しないのです。その人は3年後でも、5年後でも「どうしようかなー」と悩んでいます。決断のパターンをどこかで「絶対に変えよう」と思わない限り変わらないんです。

山倉:迷って決断を先延ばしにしてしまうパターンの人は、ずっとそのままなんですね。

坂田:その結果収入が変わらないという状態になります。

山倉:決断のパターンは誰でもすぐに変えられますか?

坂田:元々私はモチベーションやセルフイメージの専門家です。これまでに出版した本にも書いてあるのですが、決断のパターンを変えるためには、「決断のメカニズム」を知る必要があります。

決断のメカニズムはこうです。右脳・左脳では、右脳が先に物事の判断をします。右脳が先に「やりたい」と判断して、その後で左脳が論理的に判断を下そうとします。

この右脳と左脳の判断のタイムラグを活用することが大事です。右脳がやりたいと判断して、左脳がまだ活動を始める前に、行動を起こしてしまうことが決断力を高める秘訣です。つまり「すぐ決めて、 すぐ行動すること」。

決断を先延ばしにして「検討します」と答えると、左脳がどんどんを働き出します。左脳の論理的で計算的な思考で考えていると、 人間はネガティブな決断をする傾向が高いです。迷った時にすぐ一歩踏み出せるか。「欲しいと思った瞬間にすぐに行動できるか」が決断力を高めるための秘訣です。

 

—-人間は変わることを恐れている。決断できないのは変化を恐れているから。

 

坂田:大きな決断をするときは怖いものなんです。なぜ怖いかと言うと、「人間は人生が変わることを恐れているから」です。「こんな大事なことをすぐに決めてもいいのか」「もっと考えなくてもいいのか」と思い始めます。

皆さん「売上を上げたい」「高い収入が欲しい」とおっしゃいますが、それは本心ではなく嘘です。本当に望んでいたら、それはもうできているはずです。

人間は「今の環境が一番居心地がいい」と感じるように、メカニズムが出来上がっています。それを乗り越えて、変わるためには、これまでと全く違う決断をしなくてはいけない。全く違う決断をすると、どうなるか?これまでと全く違う環境に身を置くことになります。

例えば、決断をして『TOP1%セミナー講師養成講座』に参加すると、周りには稼いでいる方や、すぐに大きな決断をできる方がたくさんいます。そのような環境に身を置くと「周りもできているのだから自分も稼げる」「自分もすぐに決断できるようになる」というセルフイメージが出来上がり、実際に稼げるようになります。

山倉:右脳を働かせて、そういった環境に飛び込むことで変化を起こせるのですね。

坂田:「独立したい」と思いつつ、会社員でいつまでも独立できない方の特徴は「左脳で考えていること」ですね。「家のローンがある」「家庭の事情もある」「今のスキルでやっていけるのか」と考えてしまって、 気づいた時には子供が一番お金がかかる時が来ている。結果、独立できないままになってしまいます。

起業はとても簡単で、早く始めてたくさん失敗すれば必ず成功します。いかに「やる」という決断を早くするか、が重要になってきます。

 

「達成しない癖」がついてしまうと、次も目標人数を集客できなくなる

愛の集客コンサルタント 佐々妙美

山倉陽平山倉:佐々さんにお伺いします。集客できる人とできない人の1番の違いは何でしょうか?

佐々妙美佐々:こちらも明らかに大きな違いが1つあります。「“絶対に○人集客する”という目標を、必ず達成すると強く決意して、それを持ち続けられる人」は集客できます。

ほとんどの人が最初に目標を決めるのですが、だんだん「まあいいや」となってしまうんですね。集客活動をしているうちに、思う通りにいかず落ち込んでしまう。「今回は頑張ったから、これくらいでいいや。」となってしまいがちです。そしてそれが「達成しないグセ(癖)」になってしまいます。

人間はパターン化する生き物です。1度、癖がついてしまうと、その後も「まあ達成しなくていいや」 というパターンを繰り返すんですね。だから「達成する癖」をつけるのはすごく大事です。

集客の知識がない初めてのセミナーをやる方でも、「絶対集客目標を達成するんだ」と強く決意した人は、本当に達成できるんですよね。それが100人、200人のイベントであろうと同じです。

山倉:テクニックやノウハウ以前の問題で「達成するんだ」と決めてしまうことが大事ですね。

佐々:逆にテクニックやノウハウを持ってる人は、「自分はできる」と思い込んでいます。少しうまくいかないと「やっぱりできない」と落ち込んでしまい、簡単に諦めてしまうんですよ。

例えば、集客をしたことがない方でも「大ファンの講師の先生を、絶対私の地元に呼んで、セミナーを成功させたい!」と思えば、「どうすれば成功させることができるか」を考え始めるんですね。

絶対に達成すると決めている人は、常にどうすればいいかを考えます。考えているから、周りからいいアイディアをもらえます。そして、集客するために、ありとあらゆる行動を取り始めます。

山倉:頭の中がセミナー、集客でいっぱいであれば、会話もその話題になりますよね。その結果、周りからヒントになるフィードバックがいただけたりするんですね。

 

—-「腹をくくる」と自分以外の力が働き始める


佐々:
「絶対達成する」と決めると、貪欲に行動し始めます。チラシを配ったり、名刺にイベントのことを書いたり、とにかく思いついたことを全て実行していきます。

効率的に集客する方法を知っていることはもちろん大事なので、それはお教えしています。でも、結局のところ「絶対達成するんだ」と決めていない限りは達成できないです。

山倉:それが1番の条件なんですね。「決めきる」というのは思考的なノウハウではなく、ただ「自分で決断すること」が大事でしょうか?

佐々:そうですね。 最初の決めきれていない状況から、「絶対に集客成功させる」と腹をくくると、その瞬間から自分以外の力が働き始めます。「周りからお客さんを紹介される」などの経路から、集客がパパッと入るようになります。これは論理では説明できませんが、実際にこの体験を私は何度もしています。

坂田公太郎坂田:世間はその人の決断を見ていないようで、よく見ています。今、ちょうど沖縄で開催するセミナーの集客を、ある女性にしていただいています。その方が「絶対に集客する」と決断した瞬間が、私たちにも伝わってきたことがありました。

それ以降『TOP1%セミナー講師養成講座』の他のメンバーが応援を始めました。「決断する」というマインドが時間・空間をこえて世の中に伝わるんですね。集客がうまくいってない時は、本人の決断が足りていなかったり、やれることを全てやっていなかったりします。

 

モチベーションを高く維持するために最も効果があるのは、付き合う人を変えること

坂田公太郎

山倉陽平山倉:モチベーションの専門家である坂田先生にお聞きします。決断する、腹をくくる時に、モチベーションも関係してくると思います。モチベーションを、高くキープするための方法はありますでしょうか。

坂田公太郎坂田:僕自身もずっとそれに悩んできました。正直に言うと、今でも悩んでいます。やる気にムラがあったり、「もっとモチベーションを高く維持できたらいいのに」と思うこともあります。

でも29歳のニート時代より、遥かにモチベーションを高く維持しています。その秘訣はいくつもありますが、1番大きな変化を起こせるのは「付き合う人を変えること」です。

「今、付き合っている人達は、将来に渡って付き合っていきたい人たちか」「心の底から目指したいと思える人なのか」と自分に問いかけてみてください。

身近にいる仲の良い人を5人挙げたら、「その5人の平均年収=自分の年収」になっています。年収に限らず仕事の達成度合いや、マインドセットも5人の平均=自分になっているはずです。

 

—-人間関係・人脈はデパートのように階層に分かれている。上の階の人とは話せない。

 

坂田:「もっと積極的になりたい。モチベーションも高めたい」と思ったら、周りの人達を「積極的で、モチベーションの高い人」に変えていかないといけない。そうでなければ、自分もどんどんレベルが下がってしまいます。

人間関係・人脈というのはデパートのように階層が分かれています。最上階が「優れたマインドを持っている人達の階」だとします。今、1階にいる人が、2階を目指そうとすると「 2階なんて行かない方がいいよ。変な人たちばかりだから」と、足を引っ張ろうとする人が必ず現われます。

イメージとしては、デパート内のエスカレーターがすべて「くだり」になっている感じです。でも、「くだり」になっていたとしても、ダッシュすればギリギリ上の階へ登れますよね。

上の階に行くまでは、少し辛い時もあります。周りの反対にあったり、いろんな障害が現れたり、もしかすると辛い別れもあるかもしれません。でもそれを乗り越えて上の階に辿り着くと、自分が求めていた人達が待っているわけです。「ようこそ」と迎え入れてくれるわけです。

 

佐々妙美佐々:たまにエレベーターが降りてくる時もあります。1階から2階に上がろうと必死になっている時に、4階の人が「頑張ってるから迎えに来たよ」と言って、さらに上の階に引き上げてくれることもありますよね。ただ自分ではそのエレベーターを呼ぶことできません。

 

坂田:今まで憧れていた人たちが、がむしゃらにやっているうちに、手助けしてくれることもあります。

山倉:それでは、あまり自分でモチベーションをコントロールしようとしない方がいいですね。それよりも環境を変えることが重要でしょうか。

坂田:一緒にいる人を変えるのが一番早く結果が出ます。そして無理がないですね。

 

 

同じ本を読んで、同じセミナーに参加して思考を書き換える

坂田公太郎・佐々妙美

佐々妙美佐々:もう1つは触れるものを変えることです。私たちは移動することも多いので、移動中はオーディオブックを聞いています。自分の思考が働く前に、他の方の正しい思考を入れることをしているからです。

 

山倉陽平山倉:自分の思考で、考えない方がいいのでしょうか?

坂田公太郎坂田:自分で考えなくていいから、自分がなりたい姿を体現している方の本を読んだり、音声を聞いたりする。音声に注意を向けていなくてもいいので、とりあえず流しておく。とにかく繰り返し。100回以上同じ音声を聞いていると、その考え方が自分でもできるようになっていきます。

 

佐々:そのうちに自然と、その音声と同じ言葉が口から出てくるようになります。

山倉:思考がインストールされた指標の1つは、「同じ言葉遣いをするようになる」ということですね。

坂田:先ほどできる人と、できない人の違いをお伝えしました。決断力の他には「繰り返す」ということも重要です。本を読む場合も、たくさんの本を読むのではなく、同じ本を10回20回と繰り返して読む。セミナーで学ぶ場合も、同じものを繰り返し参加する。

僕はアンソニーロビンズの海外セミナーに、これまで7回参加しています。1回参加すると100万円ほどかかりますが、何度も参加して同じ話を聞きに行きます。それでも出る回毎に新たな気づきがあります。

人間の脳というのは、あきれるくらい物覚えが悪いです。「思考を変えて、結果を変える」時は、まずは繰り返し何度も聞いて思考を変えていくしかないんですね。

 

1回平均500万円稼ぐセミナー講師が考える「セミナー講師に必要なスキルTOP3」

山倉陽平山倉:坂田さんが考える「稼げるセミナー講師に必要なスキルトップ3」を教えてください。

坂田公太郎坂田:僕の3つは「モチベーション」「セールス」「マーケティング」です。
モチベーションは自分を動機づける力、つまり決断力・行動力・環境を変える力です。セールスは「どのように販売していくか」を考えて実行する力。
マーケティングは「自分をどう売り出していくか、どう集客していくか、どうやって満足度の高い商品を作るか」を考えて実行する力です。

山倉:その3つが揃うと、稼げるようになりますか。

坂田:3つそれぞれに関連しています。セールスというのは、モチベーションがなければ絶対にできません。やる気がゼロなのに売れるということはありません。モチベーションを土台として、どのようなセールストークをするかが大事です。

どのような話し方をすれば、自分の価値ある商品が売れていくかを99%のセミナー講師は知らないんですよね。多くの講師がバックエンド商品を販売するための正解を知らないんです。

 

—-セールストークで大切なのは「伝える順序」

 

坂田:そこで大切なのは話す順序です。「最初の10分で何を話せばいいのか」「その後20分は何を話すか」「1時間後にはどんな話をするか」「最後の20分で何を伝えればいいか」全部決まっているんです。

山倉:セールストークの型は決まっているんですね。

坂田:セールスはセミナー講師に限らず、必須のスキルです。どのビジネスでも、セールスがないビジネスはありません。文章で売る場合もあれば、口頭で話す場合もありますが、どの職種でもセールスが必要です。

セールス技術を身につけるのに、とても良い方法があります。それは「どんなものでもセールスする」ことです。 例えば、私は海外によく行きますが、1番気に入ってる場所はトルコです。そしてどうしたら目の前の人に、トルコの魅力を伝えて本当にトルコに行ってもらえるかを考えるんです。そして「坂田さんの影響でトルコに行ってきました」という方が現れたら、ひとつの成果です。

自分が気に入った商品なら何でも売ってみる。私たちはついつい気に入ったものを、売ってみちゃいますね。私はホノルルマラソンが好きなんですが、実際にお勧めして、何人も一緒に連れて行ったことがあります。そんな風にしていると、販売する力が身についていきます。

山倉:自分がいいなと思うものを他の方に薦めてみる。「どうしたら魅力が伝わるか」と考えてみるのが大事ですね。

坂田:自分の影響力で、相手が動くという経験をいかに積めるか。もしうまくいかなくても、うまくいかなかったところを自動修正していくのが人間です。 うまくいかないことはやらなくなります。そうすると販売できるパターンが分かってきます。

 

1万5千人を集客したコンサルタントが考える「稼げるために必要な3つのスキル」

山倉陽平山倉:佐々さんが考える「稼げるために必要な3つのスキル」は何でしょうか?

佐々妙美佐々:私は「コミュニケーション力」「セールス力」「ライティング力」の3つです。ただ、大きく捉えると全て「コミュニケーション力」です。コミュニケーション力が高い人は、セールス力も高くなりますし、ライティング力も高まります。

なぜそうなるかというと、「コミュニケーション力=相手の気持ちを理解する力」だからです。相手の気持ちを考えることができれば「どうしたらお客さんが共感して動いてくれるか」を理解して、文章にすることができます。この能力があれば稼げるようになると私は思っています。

山倉:コミュニケーション力とは、「相手の気持ちを正しくつかむことができる」というイメージでしょうか?

佐々:人の対話は「カンバセーション」と「コミュニケーション」の2種類があります。カンバセーションは、「仲良くなる、会話する」という意味で、コミュニケーションは「相手を動かす」という意味を含んでいます。

例えば自分が買って欲しい商品があり、相手に「買いたいです」と言ってもらうための会話は、「コミュニケーション」になります。そのためには相手の悩みを知ることが必要だし、相手が「将来どうなりたいか」という希望を知ることも必要です。

 

—-「その人が1番心が動くポイントを正しく知る」

 

佐々:その人が「1番心が動くポイントを正しく知る」ことが必要です。「1番心が動くポイントは何だろう?」と考えながら普段コミュニケーションを取っています。それがセールス力や、ライティング力につながってきます。それさえあれば、いつでも・どこでも・誰にでも売れる人になれます。

山倉:相手の核となる価値観を正しく知る力が必要ですね。

佐々:それを話してもらうためには最初に関係性作りが必要です。「その人が本音を言ってくれる状態を作り、心が動くポイントを理解して、商品に結びつけていくこと」をいかに短時間でやるか、が重要です。

 

—-短期間で信頼関係を築くためには「リアクションを2倍に」

 

山倉:信頼関係を短時間で作るための極意はありますでしょうか?

佐々:リアクションです。日本人はリアクションが薄いです。聞いているのか、聞いていないのか、わからない程度の頷きになってしまいがち。普段のリアクションを2倍にするだけで、一気に好感度が2倍アップします。相手から見ると「この人すごく真剣に聞いてくれている、信頼できそう」と思うんですね。

多くの人は「しっかり話を聞いてもらった」という体験をしたことがありません。本当に自分の話を聞いてくれる人が現れれば、「すごくこの人いい人だな」と感じます。 「嬉しくてもっと話したい」と言う気持ちにもなります。

相槌・頷き・表情が、相手の「もっと話したい」という気持ちを引き出してくれます。それを普段からトレーニングする。初めのうちは少し大げさぐらいでも大丈夫です。いつの間にか、それが自然になっていきます。リアクション力を高めるだけでお得なことはたくさんありますよ。

 

「能力だけでは仕事は来ない」稼ぐ講師の情報発信術

坂田公太郎・佐々妙美

山倉陽平山倉:著書の中に「セミナー講師の仕事は情報発信である」「いかに自分露出狂になれるか」ということが書かれています。坂田さんご自身は、どのようなメディアで、どのように情報発信していますでしょうか。

坂田公太郎坂田:まず「メルマガ・ステップメール」です。私は『アスメル』というメルマガスタンドを活用しています。メルマガは最終的なセールスや集客の最強のツールです。 講座生にも、「メルマガは絶対やった方がいい」とお伝えしています。またセミナー講師に必要なネット3種の神器は「ブログ・ Facebook・ メルマガ」で、それぞれ役割が違います。

ブログはお店のようなものです。基本的にはお客さんが来てくれるのを、待たなくてはいけません。わざわざホームページやブログに訪れて、記事を読んでくれない限りは、お客さんに情報届けることができないんです。

それとは対照的にメルマガは、登録さえしてもらえれば、こちらから相手に届けることができます。メルマガは、「相手の家のメールボックスまで、手紙を届けてくれる営業マン」だと考えられます。例えば、メルマガのリストが1000件あれば、専任の営業マンを1000人雇ったことと同じです。

またメルマガは登録者が増え続けても、送信する手間は変わりません。 一斉に多くの方に自分の情報を読んで頂けるというのは、すごく強みがあります。

 

—-ノウハウだけではいけない。受け手が求めている情報とは?

 

山倉:情報発信も「何でも出せばいい」というわけではないと思います。どのような内容の情報発信をすればいいでしょうか。

坂田:まず相手がどんな情報を求めているか、ということも大事です。それと同時に、考えすぎてしまうこともあまり良くありません。私のメルマガは、セミナー講師の事についても書いていますが、これからの生き方、海外旅行に行った時の体験などをお伝えすることもしています。

情報発信をする目的は「ファンになっていただく」ということです。世間の方々や、セミナー講師に関心がある方に、さらにファンになっていただくこと。

 

—-自分自身を好きになってもらえないと仕事のオファーは来ない

 

坂田:現代ビジネスというのは「その人を好きじゃないと仕事のオファーをしない」 という特徴があります。 仕事のオファーがあるのは、その人のことが好きだから。もちろん能力も関係していますが、 他の人も同じような能力を持っていることが多いです。

人柄や対応などが気に入っているから、その人に仕事をお願いするわけです。

車を例に考えてみると、よくわかります。昔は「このメーカーは壊れやすい」「このメーカーは修理しにくい」など、それぞれ特徴的なことがありました。でも現代の車は、壊れることはほとんどないですよね。燃費も良いし、走りやすい。とにかくいい車ばかりです。値段以外には、好きかどうかという判断しかありません。

山倉:自分を好きにもらってもらうために、個性を出していくことが必要ですね。

 

 

元歌舞伎町No.1ホストが教える「好きになってもらうための黄金法則」

坂田公太郎坂田:「好きになってもらう」ことは、歌舞伎町のホスト時代から、ずっと研究していたことです。好きになってもらうための黄金の法則は2つあります。

その1つは「接触頻度」 。会えば会うほど、その人を好きになる可能性が高まります。多くの人は自分の好きな芸能人がいますよね。それはテレビでよく、その人の事を見ているからです。知り合いでも何でもないのに、「なんか好き」「良いイメージ」という印象を持っていますよね。何度も見ていることがその理由です。

私たちはテレビの代わりに、ネットを使って何度も自分と接してもらう必要があります。ブログ・ Facebook・メルマガ・ YouTube・本というツールを使って、いかに「坂田公太郎」や「坂田公太郎の教え」に触れてもらえるかを考えます。

 

—-情報量が多いほど、その人のことを好きになる。

 

坂田:もう1つは「情報量」です。その人のことを知るほど好きになりやすい傾向があります。情報がたくさん入って来るほど、好きになりやすいわけです。

佐々妙美佐々:例えばコーヒー。これまで普通に飲んでいたコーヒーも、その豆の特徴や作った人のこだわりなどを聞くと「より美味しく感じる」ということがありますよね。情報量が多ければ多いほど価値を感じやすくなります。

 

坂田:仕事の話だけではなくて、出身地や趣味、価値観などのその人の全体像が見えると、ファンになりやすいですね。

 

「セミナー講師の能力=自分で人生を選択できる力」

坂田公太郎・佐々妙美

山倉陽平山倉: 最後にお2人からメッセージをお願いします。

佐々妙美佐々:セミナー講師というのは「自分が大好きな商品」を「大好きな仲間」と一緒に「大好きなお客さん」に提供できるという最高の仕事です。しかも時間や場所を問わず働くことができます。

この能力を身につけて自分が行きたいところで、やりたい時にセミナーを開催するといいですよね。普通の会社員の仕事と比べて、自由な仕事です。

私たちはビジネスを超えて、自由な生き方を提案したいと思っています。『TOP1%セミナー講師養成講座』のコンセプトは「自分の人生を、自分で選択する人を増やす」ということで活動しています。

 

—-「自分で自分の人生を選択する力を身に付けたいと思ったら、セミナー講師を目指して欲しい」

 

佐々:辛い思いをしながら毎朝、満員電車に乗ってる方もたくさんいらっしゃいますよね。 それは、自分がやりたくてやっているわけではなく、仕方なく頑張っているのだと思います。でもそうじゃなくて、自分の人生を自分で選択して、生きたいように生きられる人を増やしたいなと思っています。

会社が潰れてしまったとしても、今の仕事がなくなったとしても、生きていける力を身に付ける。そうすることで、自由に生きていけるようになります。そのために「セミナー講師」という能力を身につけることを、私たちは広めています。

自分で自分の人生を選択する力をつけたいという人がいれば、セミナー講師を目指してほしいと思います。そして「絶対にそういう生き方ができる」という事を、皆さんに知っていただければと思います。

坂田公太郎&佐々妙美

 

坂田公太郎坂田:私も佐々先生と同じ思いです。私たちは「自分の人生を、自分で選択する人を増やす」ことに日々取り組んでいます。「 今の人生、今の仕事は自分で選んでいる」「今の給料、今の環境は自分で選んでいる」。そういった充実感を持っている人を増やしていきたい。

「これぞ自分の人生だ」と感じる人を増やしていきたい。日本であれば1億2千万人がそう感じられるといい。でも現状はそうではない。「満員電車に乗ること」を自分で選択しているかというと、そうではなく仕方なくそうなってしまっている。

朝、地下鉄から登ってきて、会社に向かう人の顔はみんな苦しそうに見えます。でも、「どんな人でも、自分の人生を自分で選択することはできる」「好きな仕事、好きな稼ぎ方ができるんだよ」と伝えたい。

私たちは「自分の人生は、自分で選択している」と感じられる方が、たくさんいる世の中を作り上げたいと思い、『TOP1%セミナー講師養成講座』を東京で開催しています。

 

書籍 地上最強のセミナー講師バイブル

地上最強のセミナー講師バイブル

(画像=WEBサイトより、クリックするとamazonに飛びます)

Clover出版 ¥2,160

 

坂田公太郎さん・佐々妙美さん プロフィール

坂田公太郎

坂田 公太郎

『TOP1%セミナー講師養成講座』主宰
稼げるセミナー講師育成人
爆発的モチベーター
株式会社セミナーエリート 代表取締役

【プロフィール・実績】

1977年4月5日生まれ。
歌舞伎町にて、No.1ホストとして活躍する。

居酒屋経営を譲渡後、社会人研修会社、マンション販売会社にて、営業を経験しNo.1になった後、セミナー講師としてデビュー。「週刊SPA!」や「BSフジ」などのメディアに特集されるなど、一役大人気講師に。

全国各地での講演、セミナーはもちろんのことニューヨーク、ハワイ、ゴールドコースト、バンコクなどでもセミナーを成功させている。

1回のセミナーで100万円以上売り上げるスーパーセミナー講師であり、アンソニー・ロビンズ初来日セミナーでの登壇ではわずか20分間のスピーチで1000万円以上の売上をもたらす。

自身の講座『トップ1%セミナー講師養成講座』にて、「稼げるセミナー講師」なる方法を伝授している。

豊富な指導経験と、誰でも実行に移せるまでに体系化されたノウハウにより、講座生の中には

  • 月商1000を超える方
  • 出版をする方
  • 数百名規模のセミナーを成功させる方

など、セミナー成功者を多数排出している。

著書に『「自分史上最高」になる!最強セルフイメージのつくり方』(同文館出版)など3冊がある。

【メディア】
・稼げるセミナー講師育成人 坂田公太郎 オフィシャルウェブサイト

・坂田公太郎公式メールマガジン

・坂田公太郎公式ブログ

・【アメブロ】大人気セミナー講師養成講座〜坂田公太郎BLOG〜

・坂田公太郎Facebook

・坂田 公太郎@爆発的モチベーター (@kosakata08) | Twitter

・坂田公太郎Youtubeチャンネル

 

【書籍】

驚くほど成長する仕組み

(画像=WEBサイトより、クリックするとamazonに飛びます)

扶桑社 Kindle版 ¥926

 

あなたのモチベーションを爆発的に引き出す7つのチカラ

 

同文館出版 ¥1,512

 

「自分史上最高! 」になる"最強セルフイメージ"のつくり方

同文舘出版 ¥1,512

 

佐々妙美

佐々 妙美

愛の集客コンサルタント
セミナービジネスプロデューサー
株式会社セミナーエリート 取締役

【プロフィール・実績】

マンション開発会社の企画開発部にて累計200億超のプロジェクトにかかわる。30歳で退職。「人生を変えてくれた師匠を全国に広めたい!」とセミナー会社の役員となり、プロデューサーを務める。

独立後、わずか半年で大阪で開催されたセミナーコンテストで優勝。さらに1年で高額セミナーの立ち上げにたずさわるが、集客で苦戦し、無理な集客を重ね人が離れていく。

孤独な集客活動の中、やっぱり「集客は愛だ」と気づき、お客様の感情にフォーカスする集客に変えたところ、集客が毎月60〜120人できるようになり、講座が全国10箇所まで拡大。

集客総数1万5千人以上、セミナー・イベント開催数1250回以上、定価60万円超の講座を1000本以上販売するなどの実績を元に集客の専門家として実践的ノウハウを多くの方に提供する。

現在は「TOP1%セミナー講師養成講座」を坂田公太郎氏・安井麻代氏と主催し、稼げるセミナー講師を育てる活動をしている。

集客ノウハウを学んだ講座生は200名規模、300名規模のイベント開催を成功させたり、継続的に集客が出来るようになったりと大きな成果をあげている。

集客コンサルティングでは月2000万円の売上に貢献、さらには日本トップコンサルタントのプロデュースなど多数クライアントの成果に貢献。

集客の専門家として全国各地だけでなくアメリカ、オーストラリア、タイなどでもセミナーを開催し、「実践的で分かりやすい!」「集客が楽しくなる」などの口コミが広がり、常にセミナーは満席となっている。

さらに、自身のビジネスモデルを構築した結果、週休5日2ヶ月毎の海外旅行、パートナーとラブラブな日々を手に入れる。

著書「たった5つの感情でお客さまは動き出す!」(clover出版)は1万部を超えるベストセラーとなり、啓文堂書店渋谷店ビジネス書ランキング1位、Amazonマーケティングカテゴリ1位を獲得。現在3刷りめの増刷となり人気書籍となっている。

東洋経済オンラインでは記事ランキング1位を獲得、その他、テレビ、雑誌などにも登場するなど幅広く活動している。

<登壇実績>
船井総研さま、サッポロビールさま、各商工会議所さま 他多数

【メディア】

・集客が楽しくなる「集客の極意」〜佐々妙美のブログ〜

・佐々妙美@セミナービジネスプロデューサー (@taemi_sassa) | Twitter

・佐々妙美Facebook

【書籍】

たった5つの感情でお客さまは動き出す!!―売り込まなくても結果が出る“感情集客術"

(画像=WEBサイトより、クリックするとamazonに飛びます)

Clover出版 Kindle版 ¥1,620

インタビューを終えて

山倉陽平山倉:「好きな商品を」「好きな時に」「好きな場所で」「好きな人」のために提供する。まさに私が実現したいと思う生き方・働き方をされているお2人に、お会いすることができました。インタビュー前後も気になったことや自分の仕事に関することもご相談させて頂き、すっかり坂田さん、佐々さんのファンに!お2人の周りから「自分の人生を、自分で選択する人」が増え、幸せの輪がどんどん広がっています。